【サンプル】正円と楕円、2種類の腕の振り方の違い [4:20]

次回のビデオは10月20日(水)に公開予定
HOME > サンプル / 【サンプル】正円と楕円、2種類の腕の振り方の違い [4:20]

【サンプル】正円と楕円、2種類の腕の振り方の違い [4:20]

動画再生はWi-Fi接続を推奨しています。インターネット回線が遅い場合再生できなかったり、再生までに時間がかかってしまう場合があります。

0001.JPG

今回のビデオでは正円タイプと楕円タイプの腕の振り方について解説をしています。結論から言うと、正円を描くように腕を振ってしまうと制球は不安定になり、球速もアップしにくくなります。逆に楕円を描くように腕を振ることができると、ボールを加速させる方向と投球方向が一致することにより制球が安定し、球速もアップしやすくなります。

また、楕円を描くようにスローイングアームを振るためには、肩関節を正しい順番で内外旋させていく必要があります。つまり良い形で楕円を描いで腕を振ることができるようになると、肩を怪我するリスクも軽減させることができるというわけなのです。

4:20 / 42MB


動画コード:S-P020
このページの動画を再生できない場合や、今後の動画内容に関するリクエストはこちらよりお知らせください。
(C)2018-2021
TeamKazオンデマンド野球塾