【サンプル】球速が上がるパワーポジション [2:23]

次回のビデオは2020年6月6日(土)に公開予定です。
2020年6月はイップス改善法の特集を予定しています!
ホーム / サンプル / 【サンプル】球速が上がるパワーポジション [2:23]

【サンプル】球速が上がるパワーポジション [2:23]

0001.JPG

投球フォームの中にパワーポジションの形を作ると、球速をアップさせやすくなります。剛腕投手と呼ばれる多くのピッチャーが採用している形なのですが、コーチ的にはパワーポジションの採用はあまりオススメできません。パワーポジションとは諸刃の剣で、確かに球速はアップさせられるのですが、肩への負荷が非常に大きくなってしまうため、怪我のリスクを高めてしまうことになるのです。

ですがよほど地肩が強くて、リリーフで短いイニングしか投げない場合は、リスクを承知の上であれば球速アップを実現させるためにパワーポジションを採用するのも、なしではないと思います。

2:23 / 23MB


動画コード:S-P002
このページの動画を再生できない場合、お手数ですがこちらのページよりお知らせくださいませ。
(C)2018-2020
TeamKazオンデマンド野球塾